名刺用紙を購入しようーサイト6選

一般的な印刷に対応したものと光沢紙

ビジネスアイテムとして名刺 があります。会社などで支給されるものは自分では選択はできません。自分で作成するのであれば、デザインなども自分で決めることができます。独自のものを許されていたりフリーランスであれば、自作してみてもいいかもしれません。

用紙のランキングでは、定番タイプが上位に来ています。マット紙と呼ばれるタイプで、見た目に光沢などがないので見やすいです。白地に黒がはっきりさえるので、情報を正確に伝えたいときにはいいでしょう。メールアドレスなどの細かい文字もくっきり印刷できます。

カラーにしたり写真などを取り入れたいときに使えるのが光沢紙です。マット紙などでは写真はぼけて色がくすんだようになりますが、光沢紙ならはっきり印刷ができるので見た目も鮮やかになります。見た目を重視するならこちらの方がいいかもしれません。

株式会社オンデオマ

社会人になりますと名刺を作成してビジネスの際に活用します。これは初対面の方と所属部署や役職、連絡先を交換するなどして今後の仕事のやり取りに活用して行くからです。そして最近はネットで名刺印刷を依頼するケースが増えています。

印刷業者の中で株式会社オンデオマの特徴としまして、20枚以上から印刷を依頼する事が可能な上に、多くの名刺の用紙から選定を行う事が出来る点が挙げられます。またネットで名刺に印刷する内容を入力する事が可能となっています。

そして名刺発送は最短で当日行ってくれますので便利です。株式会社オンデオマでは名刺印刷の注文を24時間受付していますし、営業時間内であれば電話での各種問合せにも対応しています。

ベストプリント

名刺の印刷では、デザイン系のソフトで入稿しないと受け付けてもらえない場合があります。ベストプリントでは、入稿に対応したソフトが多くあります。一般的なデザイン系のソフトだけでなく、ビジネス系のワープロソフトなどでも対応してもらえます。

名刺を印刷してもらうときには用紙の選択を行います。多くの種類が用意されていてもそれがどんな質感なのかわからないこともあるでしょう。ベストプリントでは、用紙の質感を確かめた上での注文が可能です。先にサンプルを請求できます。

印刷の時の状況が分からないとなかなか名刺の注文ができないかもしれません。ベストプリントでは、用紙への試し刷りをしたうえで納得した上での発注が可能になっています。試し刷りは無料で依頼をすることができるので、上手く活用しましょう。

アスクル

コスパメインのスタンダード名刺から、高品質の用紙を使ったハイスタンダード名刺、印刷にこだわったプレミアム名刺があります。web上でデザインぎめから注文まででき、アスクルだから、急に名刺が必要になっても大丈夫。

無料のデザインプレートが400種類以上もあるから、シンプルなものから、他の人と被らない凝ったデザインのものまで作れちゃいます!文字を入力するだけだから、パソコンに不慣れな人でも簡単に注文ができますよ!

こちらの名刺作成は、簡単な2ステップだけ。最短3分でできちゃうから、忙しい仕事の合間でも、簡単に注文ができますよ。ロゴ入れ等もできるから、早く・簡単に・自由自在に名刺作成ができます

マヒトデザイン

会社では、名刺のデザインを統一しているところもあります。ただ作成業者は異なるかもしれません。マヒトデザインでは、印刷の依頼に関してデータを提供して行うことができます。サンプルを提供して、同じデザインで作成してもらうこともできます。

名刺は重要なアイテムなので、自社で枚数管理をしたり業者に発注したりと管理される部分が分かれます。マヒトデザインでは、管理をウェブ上で行えるので、そこで枚数管理や発注管理などすべてを一括化することができます。

名刺には用紙があり、高級なタイプなら手触りも変わります。ただしコストも上がります。マヒトデザインでは、多くの種類の用紙が用意されていて、スタンダードタイプから高級なタイプ、特殊なタイプも選ぶことができます。

デザイン名刺.net

名刺を作成してくれるサービスでは、デザインを考えたり、用紙を選んだりが必要になります。デザイン名刺.netでは、デザインを考える必要はなく選ぶだけです。後は用紙を選んで印刷依頼をするだけで希望の納期に納品してくれます。

名刺を利用する用途として、最も多いのはビジネス向けでしょう。それ以外にはプライベート用であったり、学生が就活用に作成することもあるようです。デザイン名刺.netでは、用途に合わせたデザインで作成してくれます。

名刺では、いかに覚えてもらえるかが重要になります。その時には用紙も重要なアイテムになり、他とは違うタイプを選ぶと印象も変えられます。デザイン名刺.netでは、用紙の種類を選べます。又サイズも複数から選べます。

Prinsta(プリンスタ)

Prinsta(プリンスタ)を運営してる株式会社ビットブレーンでは、名刺や年賀状の通販印刷サイトの運営を行ってます。休日は土日祝日となってます。片面印刷で、モノクロやカラーの印刷が可能となっており、何十種類もの用紙から選べるようになってます。

注文する時は、事前に入稿するデータや印刷する用紙など決めておくことで、スムーズに注文を進めることが出来るようになってます。その他にPrinsta(プリンスタ)で用意されてあるデザインを利用することも出来ます。

お急ぎの方に関しては、当日便など特急便で届けてくださいますので、急な時にも対応してくれます。お支払いの方法としても、クレジット払いは、もちろんのこと後払いも可能となってます。他にも豊富な決済が出来るようになってますので、利用しやすい方法を選択出来ます。

名刺は自分を知ってもらう大切なツールです

名刺はビジネスをはじめ個人でも使われるようになっていて、自分を知ってもらうための大切なツールです。特に、ビジネスの場では第一印象を与えるだけでなく、企業の宣伝にもなります。そのため、レイアウトはもちろんのこと、用紙にもこだわることが必要です。ビジネスで使う名刺としては、マット紙が使われることが多いです。比較的安く作れるだけでなく、業者に依頼をしなくてもプリンターを使って作成もできます。ちなみに、マット紙には厚さがあり、あまり薄いと印象が良くないため適度に厚いものを使うことが大切です。オーソドックスな厚さとしては、0.2から0.3ミリほどが耐久性があり選ばれています。ちなみに、自作できるように用紙も販売されていて、はさみで切らなくても手で切り離して使えるようになっているタイプがあります。

そして、デザインにこだわりたいのであればフォト光沢紙があります。これは、写真のように光沢があるため写真やイラストを載せたいときに使われます。もちろん、一枚当たりの単価も上がってしまいますがもらった人の印象は強くなります。特に、フチギリギリまで印刷ができるため、工夫次第で印象を変えることができます。ちなみに、裏面は光沢紙ではないタイプが多いため、その点も考慮して選ぶことが大切です。そして、用紙は白になっているため、デザインをよく考えて行わないと意味がありません。最近は、テンプレートが用意されていることもあり、自分のイメージに合わせて選び編集することができます。しかも、ある程度レイアウトなども仕上がっているため、短時間で作りたいという人に重宝されています。

それ以外にも、いろいろな用紙があり個性を出したい人は、クラフト紙やトレーシングペーパーなども選ぶことができます。クラフト紙は温かみがある素材なので、手芸や茶道などのサークルをしている人が良く使っています。そして、トレーシングペーパーは透明感があるため、裏面は使いにくいのですが、個性を発揮できます。透明な物から半透明や色がついたタイプなどもあります。そして、業者に依頼をするときには、特別な加工をしてもらうこともできます。例えば、女性の場合角を丸くしてもらうことによって柔らかい印象を与えることができます。そして、型押しやエンボス加工をすることで、他の人の名刺とは一線を画すことができます。型押しに関しては、社章を入れることでビジネスでも使いやすいです。このように用紙によって印象が変わってくるため、用途に応じて比較して選ぶことで自分をアピールすることができます。

ページトップへ