名刺用紙を購入しようーサイト6選

ホーム > 名刺の用紙について > 名刺を作成する際に目的に合わせた用紙選び

名刺を作成する際に目的に合わせた用紙選び

社会人になって初めて支給される物として名刺がありますよね。初めて自分専用の名刺は、とてもうれしくまた企業の代表として身の引き締まる思いもあると思います。そんな名刺ですが営業などで挨拶する時など、様々な場面で活用されます。そのため名刺が企業の顔として、印象に残るようにデザインなどこだわることも多いですよね。そのため名刺を作る際に、目的に合わせて様々な用紙の中から選ぶ企業がとても多いです。名刺を実際に作る場合に用紙を選ぶ基準として、厚みがあるタイプを選ぶ場合があります。理由として厚みを持たせることで少しでも目立たせるためのほか、簡単に折れないように強度を高めるといった理由もあります。では実際に厚みのある名刺用の用紙選びですが、程良い厚みがありながら色は白いものが好まれます。

おすすめな用紙の種類としてはマットポストがあります。光沢は消されている素材ですが、材質はしっとりとしていてなじみやすい用紙になります。その他にはマットコート紙があります。写真を印刷しても綺麗に仕上げる事ができ、またつや消しが行われているので名刺全体が落ち着いてみえます。また厚みを指定できるタイプとしては、再生紙などもありますよ。手触りとしてはつるんとしていますが、手触りはがよいのが特徴です。また再生紙はエコな面でも企業的には良い印象を与える効果も期待できます。その他に名刺の目的としてインパクトを与えたい場合ですが、通常の用紙とは違う珍しいタイプを選ぶのがポイントになりますよ。用紙の種類としてはクラフト紙などがおすすめです。名刺は白が多いですが、ウラフト紙はブラウンでレトロな感じにみえます。また温かみのある色あいなので、インパクトを持たせるには最適ですね。

またトレーシングペーパーなども名刺作りに利用することができます。本来模写などに利用される用紙ですが、スケルトンタイプの珍しいので名刺として相手に印象を残すことができます。また素材を用紙にこだわらないのであれば、プラスチック製で名刺を作る企業もあります。透明フィルムを利用して名刺を作ると、デザインだけでもインパクトの強い名刺になります。またプラスチックなので水にも強く、耐久性に優れています。名刺自体を作成できる用紙は色々ありますが、企業がわの目的に合わせて選ぶことで様々なタイプの物を作る事ができます。自社で作成する企業も多いですが、名刺製作を専門に行っている業者に相談することでより希望通りの名刺を作ることが可能となります。用紙1つで名刺は印象を大きく変えることができるので、こだわりをもって選ぶのが大切ですね。

ページトップへ