名刺用紙を購入しようーサイト6選

ホーム > 名刺の用紙について > 名刺作成でよく使われる用紙とその特徴

名刺作成でよく使われる用紙とその特徴

名刺作成でよく使われるに用紙は大きく分けて3種類あります。堅い職場で信用度が第一の場合は、上質で落ち着いた感じを醸し出せる名刺が相応しいでしょう。光沢が少ないマット紙が適しています。マット紙はさらっとした表面で厚みがあり、印刷物の発色も抑え気味になります。質実剛健な雰囲気に仕上げられます。光沢が少ない分、文字がはっきりと確認できる特徴があります。社員の顔や会社の写真を名刺に載せたい場合には、写真画像の印刷にも使われる用紙で、インクの発色が良くなるように加工されている光沢紙が向いています。細かい所も綺麗に色が出ますので、デザイン関連の業種や美容及びファッション関連の業種等の会社の名刺にも向いているでしょう。大量に名刺を必要としていて急いで印刷したい場合は、一般的な上質紙が向いています。比較的安価で入手しやすく、自分で名刺を作成する時にも便利でしょう。豊富な色柄の名刺を作るには向いていないことがあるので、文字だけの名刺やシンプルなデザインの名刺作成に使うようにしましょう。

変わり種の名刺を作成するのであれば、用紙の材質や色にこだわってみるといいでしょう。市販されている用紙にの中には、和紙素材の物やプラスチック素材の透明な用紙もあります。和紙の場合は、和食処の店舗や呉服等の日本古来の品物を扱う企業にぴったりです。透明な素材は非常に凝っていて洒落ている感じがするので、デザイン業やクリエイティブ系の職業の方やフリーランスの方が使いやすいと考えられます。名刺の用紙は白色がほとんどですが、他社と差別化するために様々な色の用紙があります。少し黄みがかかったアイボリーは柔らかい雰囲気を演出できるので、医療や介護や保育等の職場特有の人に優しい感じを出すのに合っているでしょう。黒色の用紙も市販されていて、他と違う高級感を感じさせたい場合に向いています。

名刺を自作するには、名刺を切り分けやすいようにミシン目が入っている用紙を選ぶといいでしょう。1枚ずつカッター等で切り分けると曲がってしまう恐れもあります。特に、切り口がでこぼこになりにくいように加工されている用紙を選ぶと、出来上がりが非常に綺麗になるでしょう。名刺の用紙は周囲に余白が設定されている物もあり、調整をするのに難儀することがあります。文字だけのシンプルな名刺であれば作成しやすいですが、イラストや写真を入れる場合には端が切れてしまうこともあります。その場合は、隅々まで一杯に印刷できるタイプの用紙を選ぶといいでしょう。印刷ミスも軽減できるのでインクの費用を軽減できるメリットもあります。用紙メーカーでは自社の専用紙を使って、名刺のデザインから印刷までがスムーズにできる無料ソフトを配布している場合があります。できれば、ソフトを導入して作成するようにすると無理なく簡単にできるでしょう。

ページトップへ