名刺用紙を購入しようーサイト6選

ホーム > 名刺の用紙について > 名刺用の用紙を使用して自作した場合のメリット

名刺用の用紙を使用して自作した場合のメリット

企業にとって名刺は欠かせない必須アイテムの1つですよね。他企業への営業を行う場合など、名刺交換自体は挨拶の一部としてとらえる場合もありますが、その他に自分自身をアピールする事ができますよね。また名刺を交換することで互いの連絡先を交換することもでい、今後の営業にも必要不可欠です。そんな名刺ですが、企業の顔として使用することが多いので印象が重要になります。一般的には白色で文字のみがオーソドックスですが、最近では名刺自体のカラーバリエーションが増えてきており、プラスチックや和紙など個性的な種類も多くあります。そんな名刺のなかで重要なのが用紙になります。名刺自体は作成する際に100枚単位で依頼することが多く、企業としてはコストを抑えたい部分でもあります。そのため最近では自社で作成する場合も増えてきています。

では実施に自社で名刺を作成する場合ですが、名刺作成専用の用紙を利用するのがおすすめです。専用の用紙になるのでコピー用紙のように薄くペラペラした感じではありません。しっかりと厚みもあり、また用紙1枚に対してい名刺自体は8枚から10枚ほど一度に印刷も可能になっています。業者に依頼した場合はデザインやコスト面でなんども打ち合わせを行う必要がありますが、自社であれば自社内の打ち合わせのみで製作を進める事ができます。そのためデザインなどのアイデアを盛り込んで作れるので、個性的なものが作成できます。最近では名刺作成用の専用ソフトや、印刷機なども販売されています。一度購入すれば長く利用することができるので経済的ですね。また自社であれば名刺内容の変更が急にあった場合でも、すぐに修正して新しい名刺を作ることもできます。

その他にありがたいのが、名刺を破棄するロスの削減効果が高いという点も大きなメリットの1つです。業者に依頼した場合はコストを抑えるためには、印刷枚数が数100枚単位で依頼するのは一般的です。もし途中で部署変更があったり連絡先変更などがあると、今まで使用していた名刺は使う事ができなくなります。変更箇所のみ一部修正を行う場合でも、枚数が多ければそれだけ手間にもなりますよね。最悪全て破棄することになり、費用としては痛いロスになります。その点自社で作成する場合は、最低枚数が用紙1枚の範囲で設定できます。そのため印刷自体を必要最低限に抑えておけば、突然の変更が合った場合でもロスを殆ど出さずにすみますよ。また名刺がなくなり急遽必要になった場合でも、自社作成であれば当日に必要な枚数の作成なども対応できてとても便利ですね。

ページトップへ